Youtubeプレイヤー(埋め込み)の使用状態をトラッキングする方法。

Youtubeのプレイヤーを自社サイトに埋め込む方法。

動画を埋め込む
パソコンで、埋め込みたい YouTube 動画に移動します。
動画の下にある [共有] をクリックします。
[埋め込みコード] をクリックします。
ボックスに表示されている HTML コードをコピーします。
ブログやウェブサイトの HTML にコードを貼り付けます。
再生リストを埋め込む
パソコンで YouTube アカウントにログインします。
ページの左側にある [再生リスト] をクリックします。
埋め込みたい再生リストのタイトルをクリックします。
[共有] をクリックします。
[埋め込みコード] をクリックします。
ボックスに表示されている HTML コードをコピーします。
ブログやウェブサイトの HTML にコードを貼り付けます。

Youtubeプレイヤーには様々なオプションがある。

Youtubeプレイヤーのオプション設定
設定例

Youtubeを埋め込む際に紹介されているコード

Youtube Iframe APIを使います。

Youtube Iframe API

サンプルコード

環境
Bootstrap
jQuery
Google Tag Manager

計測解説
playerLoadingHasDone: Youtubeプレイヤー読み完了後に発火

playerStart: Youtubeプレイヤーの再生回数(延数になります。)

playerStop: Youtubeプレイヤーの停止回数(延数になります。)

viewingEnd: Youtubeプレイヤーの視聴完了数。視聴完了=動画の終了時間まで閲覧する(途中で飛ばしても出ます。)

viewwingStart: Youtubeプレイヤーの視聴開始数。(0:00から済生した回数です。)

playCount: 済生した回数です。(viewingEndが発火したらカウントがされていきます。)