SEOとは

という意味が強いです。

SEO

SEOはある特定の検索キーワードにおいて順位を上げる施策です。
こちらのことは言うまでもないですが、
ではGoogleはいかにして検索結果画面の順位を決めているのか?
結論から言わせてもらうと”わかりません”
理由はGoogleが検索結果を決めるためにwebサイトの評価を数値化しているのですが、
その数値化の計算方法(=アルゴリズム)を公表していないからです。

web spam

ですが、ネット業界ということもありSEOの情報はいくらでもあります。
意味のないテクニックから、情報が古いもの、かなり確信をついているであろうもの、
と、ご自身で判断いただくことになりますが、個人的にはたくさんの情報がありすぎてよくわからなくなります。
そして正しくないSEO施策をすると順位が上がらないだけで徒労に終わればまだいいのですが、
Googleからドメインがペナルティを食らって、検索順位から消えてしまうこともあります。

ブラックハット&ホワイトハット

SEO施策を大別しますと、「ブラックハットSEO」、「ホワイトハットSEO」に区分されます。
それぞれ解説していきます。

ブラックハットSEO

ざっくり言うと”検索エンジンを欺いて、特定のキーワードと整合性のあるページと思わせる。”ことを言います。
手法は簡単です。「外部リンクSEO」と呼ばれるものが近いです。業者から被リンクを購入して、該当ページにリンクを集める行為を言います。
2011年以前にはかなり有効な手段であり、リンク業者がかなり儲けた期間でもあります。
Googleのアルゴリズムの中でも、
「価値のあるサイトからリンクされたサイトは価値があると見られやすい。」という通り、リンクの効果を明言しております。
もちろんリンクが検索結果のアルゴリズムにあたえる影響値はアップデートごとに変化しつつありますが、
昔よりも(2011年)効きにくくなっている(影響値が減っている)ことは確実に言えます。
また、誤解を恐れずに申し上げると「リンクは少しでもいいので買ったほうがいい。」
理由はというとペナルティを受けないように細心の注意が必要ではございますが、
クローラーの性質上リンクをたどって自社サイトをクローリングする為、絶対に被リンクは必須と考えます。
もちろん、やりすぎは禁物です。慎重に行うようにして下さい。

ホワイトハットSEO

Whitehat SEO

ホワイトハットSEOとは、ブラックハットとは対照的で、被リンクを購入せず、サイト内部の最適化、コンテンツの拡充をして、検索ユーザーに価値のあるページを提供することを言います。
一番手堅い手段であり、一度ホワイトハット手法であがると順位の固定化します。アルゴリズムの大型アップデート(ペンギン、パンダ)に対しても問題なく順位が固定化されます。
ナチュラルリンクも集まるので、お金をかけずに外部SEOができていることになります。
一点大きなデメリットがあります。単純に時間がかかります。やり方を間違えた状態で続けても意味が薄くなります。
HTML内部の最適化がもろに出てくるので、プロがやってください。
というかなりネガティブな内容にはなりますが、やはり魅力的な手法であることには間違いございません。

SEOはどうすれば?

ここまでご覧になっている方であれば「何をすれば上がるんだよ!」
と、思っている方が少なからずいらっしゃると思います。
個人的なSEO手法を記載しますので、ご自身の判断で参考になさってください。

まずはコンテンツSEOで勝負できるキーワードを探す。

簡単な話なのですが、まずはSEOはどれだけリンクを買っても仕方がありません。最後はそのコンテンツ(ページ)で勝負するのですからコンテンツの中身は充実させたいものです。
ある特定のページで狙うべきキーワードがあると思います。幅広いロングテールかもしれませんし1トークンのビッグキーワードかもしれません。いずれにしろ狙うキーワードを絞っているはずです。
勝負できるかどうか、まずはインデックスされて上位30位圏内までありつけるか検証しましょう。(30位はあくまでもサンプル閾値です。100位の場合もあります。)

インデックスされたら

インデックスされたら被リンクで順位を底上げします。限度はありますが、1日1リンク掛けていきます。
1か月もすれば大体いい結果が見えてくると思います。
「このままいけば●か月後には1ページに入れるかなぁ」くらいは発言できます。
ひたすらこれを繰り返していきますが、細かいお話をすると内部SEOに該当する、内部リンクや、Canonicalタグで正規化しているか?など
チェック項目が多いのでご注意ください。

結論:SEOは大変。

SEOは一口に言っても簡単では全くないんです。
時間がかかります。忍耐力が必要です。計画性が必要不可欠です。遅いPDCAにイライラします。
私は正直そこまでSEOに前向きではございません。
理由は疲れるからです。この一言に尽きます。
ただひたすらにSEO業務に従事されている方がいらっしゃることも事実です。
元気付ける意味ではございませんが、「SEOはビジネスインパクトが大きい」これは事実です。
そうでなかったら「SEO」とう検索キーワードの月間検索ボリュームが10,000もあるわけがありません。